JASS5 構造体コンクリートのかぶり厚さの検査
近年、鉄筋コンクリート構造物の耐久性・耐火性確保のため、かぶり厚さの確保が重要視されています。
(社)日本建築学会のJASS5(建築工事標準仕様書・同解説 鉄筋コンクリート工事)では、これまでの品質管理、検査の一部として「構造体コンクリートの仕上がり」と「かぶし厚さ」の検査を規定していましたが、検査方法や判断基準は明記されていませんでした。
2009年2月に大幅に改定された第13版では、新たに「構造体コンクリートのかぶり厚さの検査」の項目の加わりました。その中では、かぶり厚さの測定(JASS5T-608:電磁誘導法によるコンクリート中の鉄筋位置の測定方法)、(判定基準及び措置(対処法)などが明確に示されています。
当社では、すでに(社)日本非破壊検査工業会の講習会受講を終えており、大幅改定ごの内容にも対応可能です。

部材 検査箇所(検査面) 測定数
両側面と下面 各面毎に10本以上の
鉄筋に実施
両面
床・屋根スラブ 下面
測定可能な2〜4面
柱と梁の交差部分
劣化・健全度調査(土木・建築)    
        コンクリート維持管理に必要な定期点検・詳細調査・健全度判定等の業務(基礎資料作成)を行います。
  • 目視・打音検査
  • 鉄筋腐食状態(自然電位・はつり)
  • 試料採取(圧縮強度試験)
  • 反発度試験(シュミット)
  • 中性化深さ試験(割裂法・コア表面法・ドリル粉末法)
  • 塩化物イオン含有量試験(コア・ドリル粉末法)
  • 鉄筋位置・かぶり(電磁波レーダ法・電磁誘導法)
 
試料採取

鉄筋径の測定
 その他の現地調査

部材厚さ(2探1面・2探2面)

ひび割れ深さ測定

X線法

アンカーボルト長さ測定